1. >
  2. >
  3. 車椅子の選び方と入手・レンタル方法について
検索

車椅子の選び方と入手・レンタル方法について

車椅子の用途と種類

介護用品の定番となっている車椅子ですが、その種類は多種多様で用途によって使い分けがされています。

普段は自立歩行ができるけれども長距離移動や休憩場所がないところを移動する時に使用する短距離用の折りたたみ式のものから、日常生活に使いやすいヘビーユーザー向けの電動式まで様々なタイプがあります。

どんなタイプのものでも車椅子は自分で購入しようとするとかなりの金額となりますので、ほとんどの人は介護保険を使用してレンタルをしています。

レンタルをする場合には、使用中に体調が変わって別のタイプのものが必要になった場合に簡単に借り換えができるというところもメリットです。

さらに最近では個人の病状や体質に合わせて組み立てられる「セミオーダータイプ」という車椅子も登場してきています。

車椅子をどう選ぶかは介護を受ける高齢者の生活の質にも大きく関わってくるため、試乗などをしながら体にあったものを探すようにしたいところです。

車椅子を選ぶときのポイントは「電動式・手動式どちらか」「標準型・調整可能型どちらか」「介助者用・自走式どちらか」といったことが基本です。

また、主に使用する場所が屋内か屋外かによって選べるタイプが変わってくるので、まずどういったシーンで使用をするかということをまとめてから、介護用品店やレンタル店に行くようにしましょう。

体に合わせた椅子選びをするために

自立歩行をすることができない人にとっては特に、車椅子は体の一部となる非常に重要な器具となります。
車椅子が自分の体に合っていないと、座り心地や操作性が悪く感じられてしまい、姿勢の歪みや危険な操作ミスを生み出す原因となってしまいます。

実際に車椅子の座面から滑り落ちてしまったり、椅子が体に合わず背骨が曲がってしまったりする事例が発生してしまっているため、できればきちんと介護用品のプロスタッフにどういったものがよいかフィッティングしてもらうようにしましょう。

長く悪い姿勢を続けてしまっていると、内蔵が圧迫されて呼吸器や消化器が悪くなり体調を損ねてしまうこともあります。

使用する時間が長い人の場合、座面の位置を細かく調節できるタイプがおすすめです。
かなり細かく本人の体質に合わせて選べるタイプの車椅子を「モジュラー型イス」といい、サイズや車軸の位置、フットレスト、レッグレストなどの高さや位置が調整できます。

きちんとフィッティングすることでセミオーダータイプの車椅子とほぼ同じ快適な乗り心地になるので、長く使用するならこちらがおすすめです。

介護保険を適用してレンタルする場合には、地域のケアマネージャーさんの作成するケアプランの中に加えてもらうことで一体的に利用をしていくことができます。