1. >
  2. >
  3. 歩行器と歩行車の選び方とは?
足もと

歩行器と歩行車の選び方とは?

歩行器・歩行者・シルバーカーの違いについて

高齢になった時に多くの人が実感するのが足腰の弱体化です。
病気や怪我などをした人はもちろんのこと、そうした大きな事故がなくても加齢になってくると次第に自力で立ち上がったり早く歩いたりといったことが難しくなってきます。

高齢者の歩行を助ける道具としては「杖」が最も安価で使用しやすい製品です。
しかし一方で杖というのは基本的に一本で使用をすることから、姿勢が斜めになって疲れが体の特定の部位に偏ってしまうという問題があります。

そこで半身麻痺のように部分的な機能不全ではなく、足腰全体が弱くなった人に勧められるのが歩行器や歩行車といった用品です。

歩行器もしくは歩行車の場合には、足腰が弱い人が自立をしたときに体を支えることができるようになるとともに、体全体のバランスを保ったまま移動をすることができるというメリットがあります。

杖よりも器具全体が大きいことから体を動かすときのふらつきが少なくなり、特別な練習などをしなくても気軽に導入できるというメリットがあります。

まず用語から解説をすると、「歩行器」というのは4つの足がついている大型の杖のような形をしている製品です。
歩行の時には両手で持ち上げて体重をかけながら前に向かっていくことができます。

「歩行車」は歩行器の足の全部もしくは前方部分に車輪がついているもので、完全に腕で持ち上げなくても軽い力で歩行をしていくことができます。

外出用の歩行車になると、手元にブレーキがついており車輪が前のめりになるのを防ぐことができたりします。

介護用品とは少し異なりますが、「シルバーカー」というイス型の手押し車も人気があります。
こちらはキャリーバッグを兼ねた非常に便利な製品で、歩行時の杖代わりにしつつ、疲れたときには椅子としてその場で休むことができます。

使用をするシーンから器具を選ぶ

「歩行器」「歩行車」「シルバーカー」の中で比較をしたとき、最も歩行力のある人に勧められるのが「シルバーカー」です。

というのもシルバーカーは介護用品ではなく、どちらかというと日常の便利グッズとして使用をされることが多く、高齢者が毎日の生活で便利に使用をしていくことになります。

一方で「歩行器」や「歩行車」といったような用具は介護施設や医療関連施設で主に使用されている専門器具です。

日常生活で使用をする場合には介護保険などを使用してレンタルや購入していくこととなります。

歩行器は主にリハビリで使用をされることが多く、屋内の段差のない場所で使用をすることが前提となっています。
歩行車は外出時にも使用できるタイプのものもあり、小さな段差くらいであれば自力で移動することが可能です。