1. >
  2. >
  3. 歩行補助杖ってどう選べばいいの?
歩く

歩行補助杖ってどう選べばいいの?

歩行補助杖を使用するのが勧められる人とは

脳血管障害による片麻痺や、高齢による変形型膝関節症、リウマチといった症状を持つ人に勧められるのが歩行補助杖です。

これらの病状がなくても、足腰が弱くなってきたために独力で立ち上がったり、思うようなスピードで移動ができにくくなってきた時に自主的に使用をするケースもあるでしょう。

歩行補助杖の役目としてまず最初に挙げられるのが「足腰にかかる荷重を減らす」ということです。
何もない時には二足歩行ですが、杖を使用することでもう一つ体重を支える点が増えるので、足関節にのしかかってくる重みを軽減することができます。

慢性的に膝に痛みを感じている人も、杖を使用することで痛みを大幅に改善し日常生活が送りやすくなります。

歩行器の選び方としては、まずは現在の体質や使うシーンなどからタイプを探していきましょう。
最も簡易な形をしているのが「T字型杖」と言われるもので、握り部分がちょうど「T」の形になっていることからそう呼ばれています。

グリップ部分が「T」ではなく握りやすく湾曲をしているものもありますが、基本的には一本の足で使用をするので省スペースで持ち運びしやすいのが特徴です。

グリップが持ちにくかったりうまく上半身を支えられないという人の場合、着地部分が3~4本に枝分かれした「多脚杖」や、足のケガなどでもよく使用される「松葉杖」、前腕にはめ込んで体を支えやすくする「前腕固定杖・ロフストランドクラッチ」というものが挙げられます。

他にも「リウマチ杖」や「サイドウォーカウォーカケイン」といったような製品もあるので、選ぶ時にはケアマネージャーさんや介護用品の専門スタッフに尋ねながら選ぶようにしましょう。

意外に難しい体質にあった杖探し

杖の中でも最も簡易な「T字杖」は、ホームセンターや日用品店など多くの場所で見つけることができます。
外出時の用心など短距離の移動に使用するということならそうした簡易タイプもよいのですが、日常的に使用をするならもう少し丁寧に杖を探すべきでしょう。

「多脚杖」や「松葉杖」といった特殊な杖は一般のお店でまず見かけることはできず、介護や医療の専門店で購入やレンタルすることになります。

杖を選ぶときには実際にフィッティングをしてみて、腰や足の長さとあったものを選ぶことが大切になります。

見るポイントとしては腕を垂直におろした時の手首の長さにグリップがきていることや、足の外側15cm~前側15cmの場所に杖をついた時に腕の角度がちょうど30°くらいになるということです。

また杖そのものが重量があると、力の弱い女性高齢者などは自力で動かすのが困難になったりします。