1. >
  2. >
  3. 「親とさよならする前に: 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」をご紹介
手

「親とさよならする前に: 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」をご紹介

全国で終活に関するセミナーを展開する団体による書籍

「親とさよならする前に: 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」は、全国で終活セミナーを行っている一般社団法人日本クオリティオブライフ協会による書籍です。

日本クオリティオブライフ協会は民間資格の終活診断士を運営している団体であり、「終活」をより多くの人に知ってもらい実行をサポートする活動を幅広く行っています。

「親とさよならする前に: 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」は、その日本クオリティオブライフ協会の代表である清水晶子氏が著者です。

内容は親の介護や看取り方、葬儀などについて実際に起こる流れを説明しつつ、そこに至るまでにやっておくべき活動をわかりやすく項目別にまとめてくれています。

今は元気な親も、今後加齢を重ねていくにつれてどういった問題が起こってくるかや、子供のライフステージの変化がどのように親子関係を変えていくかといったことを考え、そこから必要なことは何かという結論を導き出しています。

項目は心理面の変化だけでなく、病気や介護といった体の変化のこと、またお金や相続の話、生前整理の方法と多岐に渡っており、まさに終活のための総合的な教本です。

今すぐに親の介護や葬儀に直面している人でなくとも、40代くらいからの親の老後が気になり始めた世代にとっても便利な本となっています。

具体的な活動に入る前の心構えを作る本として、一読しておくことがお勧めです。

後悔をしないためにやっておきたいこととは

「墓に布団は着せられぬ」「親孝行したいときには親はなし」といった言葉があるように、親の死というのは残された子供に大きな後悔をもたらすものです。

生前は口うるささを感じていたような親も、ある日突然に亡くなったという事態に直面をしたときには「あのときああしていればよかった」という気持ちが強く残ってしまうことになります。

この本は、まさに実際にそうした後悔を残してしまった人たちの意見を汲み上げたものとなっており、生前にやっておけばよかったと思えることを網羅的に紹介しているのです。

書籍では別冊として「「もしも」の時に役立つ書き込みノート」がおまけになっており、こちらは簡易版エンディングノートとして実際に使用ができます。

終活についての書籍やセミナーは今では数多く見かけることができますが、案外に得意分野はそれぞれ偏っており、精神面でのケアと現実的なお金の相談、医療や介護の問題を横断しているものはあまり多くありません。

「親とさよならする前に: 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」は、そうした複数の問題に同時に対応ができる優れた内容となっています。