1. >
  2. >
  3. ベッドから車椅子へ乗り移りのポイント

ベッドから車椅子へ乗り移りのポイント

自分で乗り移る場合

脳卒中やくも膜下出血など、大きな脳の病気のあとなどは体に障害が残ってしまい、自力で起き上がることが難しくなってしまいます。
ですがリハビリを繰り返すことにより、少しずつでも日常動作を回復していくことができるようになりますので、できるだけ自分でできることは自分でするようにしていきましょう。

体に麻痺が残ってしまうとなかなか自力で体を起こすのが難しくなりますが、動作のコツを得られれば一人だけでも移動は可能です。
自力で起き上がって移動するためには車椅子を利用することになりますので、そこまでの動作のコツを掴むようにしましょう。

車椅子はいつでも使えるようにベッドの脇においておき、ブレーキをかけてしっかり位置を固定してから乗り移ります。
車椅子の位置はベッドの真横に密着させるようにして置き、椅子の座面とベッドの高さが同じになるようにしておきます。

まず体を起こしてベッドの脇に腰掛けたら、横付けにした車椅子の手すりの部分を持ち、体を支えるようにして腰を持ち上げます。
ベッドと椅子が密着した位置にあれば腰を動かす距離はそれほどでもありませんので、腕の力だけで十分に腰を移し替えることが可能です。

椅子の座面に腰が乗ったら体の向きを正面にして、手すりを掴み直せば自分で座りやすい体勢になります。

介助してもらう場合のポイント

自分の力では車椅子に乗り移ることができないという場合は、介助をしてくれる人の手を借りて体を移動させます。
この時、注意をしたいのが介助をする人が腰を傷めないように気をつけるということです。
介護の仕事は力仕事が多いものですが、特にこの体の移動を何度も行っているうちに、介助者の方が腰を痛めてしまうということが非常によくあるからです。

コツとしては介助をする人が力任せに体を引き起こそうとするのではなく、できるだけ本人に力を出してもらうようにして、それを手助けするという方法にすることです。
考え方としては、介護をする方は相手の力の足りない部分だけを補うようにしましょう。

体を起こす時にはまずは横になっている相手の腕を肩にまわしてもらい、上半身を起こすときの支えにしてもらって体を引き起こします。
少し上半身が浮いたら肩にまわしているのと反対側の手の肘を立てて、それで体を支えてもらって完全に体を引き起こしていきましょう。

ベッドの上で座ることができたら足の向きをベッドに対して垂直の位置になるようにして、近くに用意していた車椅子のそばに誘導します。
あとは腰を浮かせて椅子の座面に動かしてから、そちらに座ってもらえば完了です。

介護をする人が立ち上げてあげるのではなく、一緒に立ち上がるという感覚でやるとうまくいくと思います。