1. >
  2. >
  3. 清拭の方法とは?
温める

清拭の方法とは?

入浴が難しい人への「清拭(せいしき)」ケア

「清拭」とは、自力で入浴を定期的に行うことが難しい人に対して、介護者が体を拭いてあげるというケアのことです。

この清拭は入浴ができない場合のやむを得ない代替方法であるだけでなく、体を布でこするということによるマッサージ効果もあります。

清拭をするときには全身をきちんと拭くことが出来るように腕や足の関節を動かすことになりますが、これが体が固まってしまうのを防ぎ、血行促進や筋肉を適度に動かす効果もあります。

ケアをするときにはきちんと声掛けをしてコミュニケーションをとり、少しでも快適に感じてもらえるようにしてあげることが大切です。

これから清拭ケアをするときのポイントとして「部屋を温める」「熱めのお湯を用意する」「清拭用のタオルは4~5枚程度用意しておく」「速やかに着替えできるように先に準備しておく」ということです。

快適な清拭ですが、冬場のお風呂場同様に急に裸になったりすることでヒートショックの危険があります。

急激に体感温度が上昇と下降をしてしまうと血流が大幅に変化してしまうので、それが心筋梗塞などの血管の疾患の原因にもなってしまいます。

清拭は温かい昼間の時間帯にするか、もしくはあらかじめしっかり室内温度を温めて23度前後にしてから行うようにしましょう。

拭く順番は基本的に上から下へ

清拭をするときには、濡らして拭くためのタオルを4~5枚、最後に乾拭きするタオルを1枚用意しておくのが基本です。

拭く順番は基本的には上から下に向かってで、顔が最初で最後に足や陰部を拭くようにします。
たとえ途中でタオルを変えているとはいえ、なんとなく汚れやすいところを先にしてから顔やその近くを拭かれる、というのは気分のよいものではありません。

上から下という順番とともに、きれいなところから汚れやすいところへというふうに動かすことを心がけます。

清拭中はずっと裸になってもらう必要はなく、拭いていない部分は着衣があっても構いません。
むしろ気持ちを落ち着かせるために、上半身と下半身は着替えをしながら清拭をしていくということもよいでしょう。

ちなみに特に汚れが付きやすい場所としては、首の周りや背中の上側の汗腺のある場所や、脇や関節など皮膚が触れ合って蒸れやすい場所、足の指の間、耳の後ろ、膝の後ろ、足の裏といったところがあります。

また陰部の清拭は抵抗感を持つ人も多いですが、お風呂に入れない人にとって陰部の清拭はきれいにしてもらうと大変心地の良いものです。

ついつい異性の介護者の場合は特に遠慮してしまいがちですが、細かい皮膚の隙間なども丁寧に拭ってあげると相手から喜ばれることがよくあります。