1. >
  2. >
  3. 体位の変え方のコツ
起立

体位の変え方のコツ

新人介護士が最初に苦労をする体位変え

介護士の仕事は未経験の人でも就業することができますが、最初のうちは力仕事が多くかなり体力を消耗してしまいます。

ですがベテラン介護士さんがみな筋肉の強い人ばかりか、というと決してそういうわけではありません。

これは介護の現場において必要となる力仕事は、重たい荷物を持ったり運んだりといったこととは異なり、上手に行えばかなり軽い力でも可能になる作業であるからです。

そういう意味で新人介護士が非常に苦労をするのが、自力で立ち上がるのが難しくなってしまった人の「体位変え」です。

寝たきりの人や半身が麻痺してしまって自力で寝返りができなくなった人に対し、介護者は定期的に褥瘡を防ぐための寝返りを行います。

なお介護用語では仰向けにまっすぐ上を向いた状態を「仰臥位」、左右いずれかに体を横向きにした体制を「側臥位」、うつ伏せになって顔だけを横向きにした状態を「腹臥位」と言います。

自分で体に力を入れることができない人を介護する場合のコツは、「できるだけ体の中心を押すようにする」ということです。

体の末端部分である腕や足を掴んで引いたり押したりしても相手の体勢を崩すのは難しいですが、体の中心部や起点となる場所というのは案外もろく、少しの力で相手を動かしたり転ばせたりすることができます。

介護においても同じで、寝転がった相手の腕や足を一生懸命に引っ張っても上手に体勢を変えることはできません。

ですので介護をする人・受ける人双方の負担を減らすためにも上手な体の動かし方をマスターしていきましょう。

関節を重ねて腰や背中を押す

最も難易度の高い、ほぼ意識がない人の寝返りについて説明をします。

仰臥位をして上向きになっている人を横向きにする場合、まず体を向かせたい方に介護者がつきます。
仮に意識がない人が相手であっても、これからどういったことをするか口頭で教えるようにするということも大切です。

「こちらがわに体を向けます」ということを伝えてから「腕をお腹の上に乗せますね」と言って、転がした時に上向きになる方の腕をお腹の上に乗せてもらいます。

次に片方ずつ膝を立ててもらうのですが、このとき介護者は片手を膝の後ろに差し込み、もう片方の手で足の裏を持つようにしてゆっくり膝を立てます。

両方の膝を立てたらまずは揃えた両膝を倒したい方向に一緒に傾けます。
このとききちんと曲がった膝が揃えられていると、膝の関節部を倒すだけで自然に腰が回ってくれるので、上半身も軽い力で横向きにできるでしょう。

体の向きを変える時、強い力が必要な時というのはだいたい介護される側も痛みを感じていたりするものです。
慣れないうちは介護用クッションなど上手に使い、負担なく行うようにしましょう。