1. >
  2. >
  3. 注意!高齢者の脱水症状

注意!高齢者の脱水症状

高齢者の脱水症状の予兆と原因

夏場になると、自治体などから広報されるのが脱水症状の予防です。
近年では夏場の平均気温の上昇が著しく、50年ほど前と比較をすると温度差は約10度近くになるということがわかっています。
ですので若いときの感覚のまま「このくらいの時期から冷房を使うのは贅沢だ」といった考えで生活をしていると、あっという間に熱中症になってしまうのです。

夏場によく起こる熱中症についてですが、これは高温環境下で過ごすときに体内から水分や塩分が減少してしまい、体温調節ができなくなってしまうことを言います。
人の体は暑くなると自然に汗をかいて体温を下げる仕組みになっているのですが、これがあまりにも暑くなりすぎてしまうと体内の水が少なくなって、体温を下げられなくなってしまうのです。

熱中症は重度に進行してしまったり、治療が遅れてしまったりすると命の危険もある症状なので、特にここ近年は真夏の盛には十分に注意が必要になります。
この熱中症は普段から脱水症状にある人が非常にかかりやすく、高齢者や肥満気味の人、運動不足の人、他に病気のある人などはさらに危険度が高くなるでしょう。

そこで普段から脱水症状が出ていないか健康チェックをする必要があります。

脱水症というのは、簡単に言えば体の中で必要とされている水分が不足している状態です。
人の体は体積の6割程度が水分で構成されているとされています。

ただし子供の時はこの水分の割合が8割程度であるのに対し、年齢が重なっていくにつれて次第に減少していくことになるのです。
高齢者になるとその割合はぐっと下がるので、そもそも体内に留めておくことができる水分が少ないということが、脱水症状になりやすい原因と言えるでしょう。

脱水症状の予兆としては、下痢や嘔吐が続いたり、風邪などで発熱があると起こりやすくなります。
急に大量の汗が出てきたり口の中が乾いた状態になっているのは危険信号なので、まずは涼しい場所に移動をするとともに経口補水液などをとるようにしましょう。

予防策について

脱水症状を予防するためには水を飲めば良いと思っている人がいますが、それは間違いです。
普段の生活であれば水を飲むことは水分補給に役立つのですが、これが夏場など急激に大量の水分が減少したときに大量の水を飲んでしまうことは、むしろ脱水症状を進行させてしまう危険性があります。

というのも人の汗には水分だけでなく塩分(ナトリウム)が含まれているため、急激に多くの汗をかいた場合は水分だけでなく「低ナトリウム血症」という症状も同時に起こしています。
低ナトリウム血症状態にあるときに水分だけを急激に補給をしてしまうと、体内のナトリウム濃度が急激に薄くなってしまうことから「食塩中毒(水毒症)」になってしまうのです。